新生児の頃から赤ちゃんの寝かしつけに役立つベビースウィングはスグレモノ!

妊娠も後期に入り色々とこれから必要になるであろう物を揃えていた頃、知り合いの先輩ママさんからベビースウィングがあるといいという事でプレゼントしていただきました。

 

私が頂いた物は新生児から使えて自動で動き、スピードも変えられる物でした。

 

 

前後揺れと左右揺れに変える事も出来てその他にも音楽を流す事が出来たり、そのベビースウィングは海がテーマのデザインだったのですが、波の音を流したりする事も出来ました。

 

ベビースウィングに乗った赤ちゃんの頭上には可愛いカラフルなおもちゃも付いていて、このおもちゃもスイッチ一つでくるくる回ったり、後は波を思わせる動きのブルーのライトがゆっくりついたり消えたりする機能もありました。

 

 

 

子供が新生児だった頃、母乳を授乳させていたのですが、ミルクを飲んではそのまま寝てを繰り返してました。

 

ミルクを飲ませている内に眠ってしまって、その後動かそうとすると起きてしまうので、ずっと同じ場所から動けない状態が続いていました。

 

 

何も他の事が出来ないし、体も痛くなってきたので困っていましたが、そんな時にベビースウィングが目に入り一瞬起きてしまいますが、素早くベビースウィングに乗せるとすぐウトウトして眠ってくれるようになりました。

 

そのおかげで自由にできる事が増えて本当に助かりました。

 

 

少しづつ私も慣れてきて、起こさずに乗せられるようにもなりましたし、もう少し大きくなってから授乳の間隔を空けたかった時もスウィングのおかげで以前よりも長く眠っていてくれたので、重宝しました。

 

もちろん他にもバウンサーなど併用して使用してましたが、ベビースウィングは私にとって子育てに無くては困る物の一つでした。

 

 

ほとんどのベビースウィングは1歳からそれ以上まで使用可能だと思いますが、ウチの子も長い間使っていました。

 

新生児やまだ首が座っていない赤ちゃんにはシートの角度を倒して寝ている状態にして使うのですが、大きくなって遊ぶ時間が増えたお子さんには背もたれをあげて座っている状態にしてあげると喜びます。

 

 

ベビースウィングは少し場所はとってしまいますが、あれば役立つ事間違いないと思います。

 

 

 

 

ベビースウィングやバウンサー・ハイローチェアなどのアイテムは、必要なの?と議論される事も多いアイテムですが、あれば赤ちゃんをそこに預けておくことが出来ますので、便利に使えるアイテムです。

 

赤ちゃんを安全に一時的に隔離しておけるということは、それだけ抱っこやおんぶから開放されるということですから、育児のストレスや疲れから開放される事も出来ます。

 

 

こうしたアイテム無しで無理してしまうと、産後うつにかかってしまったり、育児疲れで子育てが嫌になったりしかねませんので、上手く取り入れて、ストレスの少ない育児を目指して行くようにしましょう。